fc2ブログ
超ポジティブシンキング・ウメゾーの観察記など
海へGO!
2006年05月09日 (火) | 編集 |

ひさびさの更新なんで、その間ウメゾーもいろいろと体験しました。

なんで小分けにして書いていこうかと思います。

そうそう、生誕6ヶ月祭も過ぎてしまいました。

6ヶ月検診というやつにいかねば、ですね。



体験①人生初の海

仕事の元同僚の蜜柑ちゃんと桃ちゃんが遊びに来てくれました。

早速、うちから徒歩20分くらいのところにある海へGO!

ウメゾーに海がどう映ってるのかはわかりませんが

風が好きなので、大喜びしてました。

 


蜜柑ちゃんにも桃ちゃんにもウメゾーを気に入ってもらえたようです。

やったね!ウメゾー。






20060509010213.jpg
ウメゾーの顔に注目







20060509010826.jpg
ほけけけ~っ






ウメゾー、どうやら芸人にでもなるつもりのようです。

しかしかわいい顔よりおもろい顔に心ひかれてしまう母。すまんねウメゾー。








20060509011813.jpg
少ないながらも髪が伸び、風になびくまでになりましたよ







体験②人生初の端午の節句


20060509010225.jpg

あれだけ迷っておきながら、結局兜を買うかは来年に引き伸ばしたんですが

それではなんかつまらないのでドラえもんの置物を買ってみました。

どうもあのでっかい兜を買う勇気がでないもので・・・



しかし、人生初が多いですね、赤ちゃんは。

まるでフィリピンで発見された小野田少尉が日本に戻ってきた時みたいです。







『小野田さん、帰国後初の日本食!』









『小野田さん、帰国後初のお風呂!』









みたいな。リアルタイムで見れなかったのが残念・・・

そういえば小野田さんは今ブラジルで牧場を経営しているそうですよ。

なんでもフィリピンで山奥に隠れてたときに身につけた牛の知識を

牧場で発揮してるみたいです。

気になる人・小野田さんの牧場、いつかウメゾーと行ってみたいと思います。













 


スポンサーサイト



猫友GET!
2006年05月10日 (水) | 編集 |

昨日に引き続きウメゾー初体験談。ふつーなリポートでお送りします。




体験③人生初の群馬入り

私が一時住んでいた場所へ。


ブラジル人の友人たちがウメゾーを代わる代わる抱っこしてくれました。


ウメゾー、終いには少々お疲れ気味でしたが楽しそうでした。


20060510022651.jpg20060510022712.jpg20060510022535.jpg20060510022636.jpg
あんなことやこんなこと・いろいろひっぱりだこのウメゾー











20060510022606.jpg
バーベキューをしたので肉をたくさん食べてしまいました。また太りますかね・・・













20060510022554.jpg
こちらが私がブラジルでお世話になった家族の子供夫婦。




左の旦那さんは





 
20060222092304.jpg    ジュラシー 70代
ベネジータとジュラシー柳沢の息子さん





右の奥さんは




アウグスタ 80代
アウグスタ高原の娘さん(2月22日分参照)







奥さんは私がブラジルでウメゾーを産んだのを聞いて

仕事先で大喜びしてくれたそうです。

妊娠中から毎日のように電話をくれ、安心させてくれました。

なんで私の第二の母と言ってもいい人ですね。









体験④人生初の猫友

バーベキューをやっていたらブラジル人たちの餌付けしているネコちんが。

ウメゾーを見つけてすっ飛んできました。


20060510022739.jpg
全然警戒心のないネコちん。ウメゾー、まだまだ青いです





20060510022724.jpg
なんか新しい生き物発見でご満悦のウメゾー。





20060510030012.jpg
あまりのうれしさにあわを吹きながら頭の毛を鷲づかみ。





やさしいネコちんは凶暴赤ちゃんに毛をひっぱられ退散。


念のためウメゾーの手はしっかり洗っときました。手を口に入れちゃうんで。



群馬で1年分くらいかわいがってもらった
あとは東京の仕事仲間たちの家へ。

そこでもたくさん遊んでもらったウメゾー、かなりご機嫌でした。

そのせいか、次の日の顔が大人びた感じがしました。気のせいかも・・・









そして今日は元同僚スシ正宗さんが遊びに来てくれました。


体験⑤人生初のスシ正宗との遭遇

お寿司とおいしいおかきを手土産にやってきてくれました。


早速ウメゾーは寿司アタック。


ウメゾー、最近は鷲づかみがブームのようです。


ネコちんの毛を鷲づかみ、人の皿のケーキを鷲づかみ、そしていくらを鷲づかむ・・・


いくらは高いからやめてちょーだい!玉子くらいにしといてくれ。


スシ正宗は明後日にイギリスへ語学勉強に行っちゃうので、会えてよかったです。






スシ正宗が帰ったあとまた海へくりだしたウメ&ウメゾー。

そのことはまた明日書きたいと思います。








砂場天国
2006年05月11日 (木) | 編集 |

昨日はお友達のスシ正宗さんを駅まで送ってから

海へいってまいりました。

砂の道の中、ウメゾーを小脇にかかえ、カーをひきずって根性で海まで到達。


20060510230431.jpg
砂場天国でたそがれるウメゾーじいさん







メインの海水浴場から少し離れたところへ行ったので人もまばら。

お母さんと小さな女の子が砂遊びしてました。

そうなんですよ、ここは巨大な砂場じゃあないですか。

街中の小さな公園の砂場で、ネコちんのウンコがどうこういいながら

遊んでいるのにくらべ、ここは天国ですよ!砂場天国。

浮かれて天国を満喫してたら、ウメゾーが顔から砂場につっこんでしまい

帰ることにしました。


ふと帰ろうとすると1歳前くらいの女の子を抱いたお母さんがいました。

のんびりした感じの若いお母さん。

彼女も帰るところだったようで、私の少し前を歩いてました。

まだママ友っつーのがいないウメなんで

さりげなく声でもかけてみようかな~、と思い歩いていくと

女の子を抱いてるだけのお母さん

あかんぼ+買い物袋+カーの私

どんどん差が開いていきます。下は砂だし。

おー、待っておくれ~』とあせあせ後ろを歩いてると

浜の出口に私が落としたウメゾーのおもちゃと、ひざ掛けを発見。

その間にも彼女はどんどん歩いていきます。

『ひ~、待ってくれ~。・・・いやでも浜の出口は押しボタン式だから

赤信号で止まってるだろう』

と落し物を拾いウメゾーをカーに。そして信号前をみるとすでに誰の姿もなし。

『な、なにぃ!?』

気になる彼女の姿は信号機の向こう、追いかけようとしたらば信号はすでに赤。


がっかりしました。








が、しかし!











そこであきらめるようなウメさんじゃあありませんよ?と一人で盛り上がる私。

青信号になったらはるかかなたのお母さん目指して小走りGO!GO!

『お、奥さん待ってくださいっ!!』

とまるで人妻に恋焦がれる青年のごとく追っかけましたよ。

そして標的をあと10mくらいまで追い詰めたその時!!

















奥さん『すい~(左折)』















『・・・・!!!』

















私のうちは直進だ。



















わざわざ左折した奥さんを追いかけるのはどうなんだ?



















『さりげなくお友達』の域を超えたストーカーのようだ。

















・・・あきらめよ~。



















ということで初のママ友GETには到りませんでした。ガッカリ・・・



普段から、近所の大型スーパーマーケットなどで赤ちゃん連れの

お母さんを見かけると話かけたいなと思うんですが

友達で固まってたり、猛スピードでカーを押して去っていったりと

なんかお母さんにピリピリ感があって話しかける間もありません。

その点、海で見かけたお母さんはのんびりしてたので

気があいそうかしらと思ったんですがね。

まあ、また海にいったら出会えるかも知れません。













んでもって今日のウメゾー。

昨日から、ハイハイともいえないミミズのような移動をするようになりました。



20060510230059.jpg
まずはティッシュボックスを見つけて引きちぎり




20060510230112.jpg
おもちゃ入れのカゴをひっくりかえし




20060510230821.jpg
散らかし放題で満面の笑みのウメゾー。








ミミズのようにはってるウメゾーに感動しました。

ようやく自分で行きたいところにいけるぞ!まだだけど。











あと、笑いすぎて死にそうになってました。






20060510230033.jpg
なんか妖怪チックなウメゾー。笑いのツボにはまったようです。











 


預かり物・ウメゾー
2006年05月12日 (金) | 編集 |

なんやかんやとやってるうちに、ウメゾーもこの世に生まれて6ヶ月が過ぎました。




で、思うんですが『子は天からの授かり物』とよくいうじゃないですか。

それが私はどうもしっくりこないんですよ。

授かり物、というよりは『天からの預かり物みたいな気がします。

ウメゾーを抱っこして鏡を見ても、ベビーカーでウメゾー連れてても

なんか、自分の子という感じがしない。

愛情がわかないとか、そういうことじゃあないですよ。

わかりやすく言うと私物というより公共物という感じってことでしょーか。

自分の分身という言い回しも、なんとなく違うなーと感じるのは

まだ親子暦が短いからなんでしょうかね。

大きくなって自分に似てたりするとようやく

『あー、やっぱ親子だわ』とか『私の子ねえ』

とか思うんですかね?

みなさんはどうですか?





それから、ウメ人生の中で犬や鳥は家にいましたが

みんな言葉はしゃべれない。あ、当たり前ですね

自己表現が『あー、うー』とかのウメゾーも、その点では動物たちと五分です。

それがそのうちでっかくなると、言葉を使って自己表現し始めるわけじゃないですか。

今までかわいがって育てたものが、私のことを言葉で評価したりするのは

初めてなんで、なんかドキドキわくわくです。







まあなんにしろウメゾーは『天からの預かり物』なんで、預かったからには

ウメゾーがひとり立ちするまでは大事に育てよう、と思っている次第でございます。






20060511235824.jpg
預かり物・ウメゾー













おすわり初め
2006年05月14日 (日) | 編集 |

前回書いたウメゾーは預かり物という答えに至ったのは

こんなことを考えていたからでした↓

毎日毎日チャレンジャーなウメゾーを見ていると

どーも自分が作ったというよりは

『ウメゾーが意思を持って生まれてきたくて、たまたま私の腹を借りて出てきた』

という気がしてならならなかったわけです。

ものすごい気合いであれこれチャレンジするウメゾーを見てると

もうそりゃあ生まれたくて仕方なかったぜ! 

みたいな凄みを感じるんですよ。

まあそのうち、ウメゾーに真意を問うてみたいと思います。





それは置いといて

昨日は叔母2人が遊びに来てくれました。

なんかでっかいおもちゃを買ってもらっちゃって

さっそく気に入って遊んでるウメゾーです。




20060514000941.jpg
おもちゃについてる鏡に映る自分をみてウーウー喜んでます








最近はウメゾーの表現がわかりやすくなった気がします。

おもちゃとか食べ物を持っていて落としたりすると泣く、とか

うつぶせで遊んでて疲れたから泣く、とか。

そのうち『疲れた~』といいながら泣くんでしょーね。楽しみです。








20060514000931.jpg
相変わらず飛行機ブーン♪好きなウメゾー





そういえば、最近後頭部がハゲてるおっちゃんを見ると

ウメゾーの仲間だ♪と思ってしまうウメです。



ブラジルde出産 振り返り記①
2006年05月15日 (月) | 編集 |

気づけば前回『おすわり初め』ってタイトルにしておきながら

すっかりおすわりのことが抜けてましたよ。

確かに書いたはずなのになぜかアップされてなかったのはなぜ?

若年性アルツかもしれません。





なんか突然どっしり座れるようになりました。

 

20060514001021.jpg
といっても1分くらいですが・・








おまけ。



20060514001008.jpg
服を着せてたらウサギみたいでかわいかったもんで・・・












ウメゾーも6ヶ月になったってことで、最初にくらべ育児も楽になりつつあります。

というわけで、いきなり










ブラジルde出産 振りかえり日記~ その①

*長いんで眠い人は読むのをお止めください。





ウメゾーはUNIMEDという病院で、予定日の11月2日、夜10時過ぎに産まれました。

当日の夕方、ピザ食べ放題の店をさがし、真夏の夕方に汗だくで歩き回ること2時間。

そのおかげ?かその夜、破水&陣痛がきちゃいました。

前日の夜に10分間隔の陣痛がありましたが痛くもなんともなしだったのですが

その夜は2分間隔の陣痛がやってきたので先生に電話をしました。

ドラマとかのように『すぐ病院へ!』かと思ったら、先生から特例発令!















『今息子を迎えにバス停まで来てるから1時間後に病院ね令』
























出ちゃいましたよ、こんなところにもブラジルらしさが。




















わはは~、先生かわいー顔しておもしろいこというな~・・・(ちなみに先生は美人)

痛みの中、ちょっと笑いがこみ上げてきちゃいましたよ。















+++ここで一応ブラジル(というか私の場合)出産予備知識+++

日本と違うと思われるところ

●産まれるギリギリまで入院しない。

●帝王切開だが2泊で退院(日本だと10日前後入院のようですが・・・)

●先生はお産のために自分の病院から出向してくる。












そして話戻って陣痛中。

陣痛こらえて一時間後に病院へ車で到着。

しかし陣痛ってのは痛いですね~。それが2分に一度やってくるんだから

どうなってんでしょーか。昔、生理痛が尋常でなく、救急車で運ばれたことが

ありましたが、それが連続でくるからさあ大変。子宮をペンチでねじられてる感じ。

私は普通分娩希望でしたが、この時点でもまだ子宮口が開いてなかったので

急遽帝王切開になり、普通分娩の苦しみからは免れました。

まあ、そのあとはあれこれ手術準備をして、背中に麻酔を打ち手術。



そしてこの病院、なぜか手術の様子を来ている身内に実況生放送で

違う部屋のモニターで見せてくれるという。

それを見ながら、私がお世話になっていたブラジル人一家の孫(男の子)が

『もう見れない~! 吐く~・・・』と言ってたそうですよ。

手術の様子はビデオに録ってお土産でくれました。まだ見てませんけど。




手術は15分くらいで終わったんではないでしょうかね。

先生が、お腹をよいしょっと押して子供を出しているのはわかりました。

そのあと『んぎゃー』と遠くで聞こえて安心したのを覚えてます。

そして、とりあげたあかんぼを私の顔まで連れてきてくれて感動の対面!

だったはずなんですが、近づいたウメゾーの口がくさかったっす。

私(おいおい、生れてすぐに口臭かいっ!)と

今思えば、あれがウメゾーへの初ツッコミだったのかもしれません。
あ、ウメゾーの口臭はその時きりでしたよ。


ちなみに、先生たちはお腹を縫いながら世間話をしてました。さすがだね、ブラジル。





手術後は、どこかの部屋で寝かされ点滴をしました。

どっと疲れが出たので、夜静かな部屋で一人ボーっとしてました。

その後、ウメゾーに会ったのは4,5時間あとでしょうか。





その辺は次回に書きたいと思います。











 

 


ゴリラ・ウメゾー
2006年05月22日 (月) | 編集 |

 

ブラジルde出産振り返り記~ その②






夜11時には手術が終わり

夜中に病室に入ったら、おばさんとその姪が待ってました。

病室は3人部屋でしたが他には誰もおらず、個室みたいなものです。

明け方には看護師さんがウメゾーを連れてきてくれました。




20060523012642.jpg
小さいですね~、ズボンがぶかぶかです。




朝になるとおばさんと姪は帰っていき、病室では私一人でした。

ウメゾーは別室でお世話をしていただいてました。

静かで蒸し暑い中、一人病室でボーっとしていると不思議な気分でした。

疲れと産み終わった安堵感と、いろいろだったんでしょーか。

しかし、看護師さんが、痛み止めやら便秘やらいろんな薬を一時間ごとくらいに

持ってくるので、なかなかグッスリ眠れませんでした。



ちなみに食事は最初からガッツリ食べましたよ。


20060523012719.jpg
こんな感じです。ごはん、ポテト、肉、野菜、フルーツ、ジュース




毎回、食事が楽しみで楽しみで。おいしくて残さず食べてました。







昼には尿の管(何というやつでしょーか)をはずしてもらいシャワー。

おつきの人が見てるところでスッポンポンでシャワーに入るという。

足をあげて洗っていたら

『あら~、元気ねえ!』とびっくりされました。

普通は傷が痛んで、あまり動けないみたいです。

しかし、出産というのはこれ以上どこを見せろってんだ!

というほど何もかも見せちゃいますね。

人間を産むということはそういうことなんでしょーか。






こちらは病室から見える風景


20060523012705.jpg
田舎ですね~。蒸し暑かった・・・








そしてこちらが『今息子を迎えにバス停まで来てるから1時間後に病院ね令』

を発令したceria先生。



20060523012735.jpg
とっても親切で頼りになる先生でした。





ブラジルに滞在している日本人の方々は

ブラジルの病院の先生の印象を『親切、あたたかい』と言っているのを

よくブログなどで見ますが、そのとおりで、ceria先生も優しい先生でした。

逆にブラジル人は、日本の病院の先生を『話をしない、やさしくない』と言ってました。


そういえば、日本にいるブラジル人のお産に立ち会ったことがあります。

同じマンションに住む、日本に来て間もない19歳のお母さんは

日本語がまったくわからなかったので、片言で私が通訳しましたよ。

人生初の立会い出産。貴重な経験でした。

旦那さんも20歳そこそこで、日本語もわからず

ただただ彼女の手を握って『大丈夫大丈夫』と言ってました。

普段はのんきな旦那さんですが、このときばかりはかなり緊張していて

あんたが大丈夫か?という感じでした。


1時間ほど力んだあと、無事出産しみんな大喜び。

保育器に入ったその赤ちゃんを、さっき中絶したばかりの青い顔した女の子が

じーっと見つめてたのが印象的でよく覚えています。

どんな気持ちで見てたんでしょうか。










話戻ってウメゾーですが

産まれたばっかりって、ホントにすごい顔ですよね。

赤ちゃんはサルと聞いてたんですが、ウメゾーは・・・・




















ゴリラでした。






















今日は、そんなゴリラ・ウメゾーの写真を思い切って公開いたします。

注:心臓の弱い方は絶対に見ないでください。





















まずは、タイトル『眠るゴリラ』


 


























20060523125755.jpg
まずは挨拶代わりに軽くジョブ。ビックリ指数☆☆







































続きまして、タイトル『考えるゴリラ』








 

 

 

 

 






 













20060523012807.jpg
ゴリラなりに考えている様子です。ビックリ指数☆☆☆☆☆☆☆

 

 



























そして最後は


















タイトル『ベスト・オブ・ゴリラ』

 
























 20060523012749.jpg
コメント・・・なし。ビックリ指数☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・・・∞
























いや~、あきらかに人間の顔ではないウメゾーでしたがなぜか

とってもかわいく思えましたね。

『あんたすっごい顔してんねえ~』とマジマジ顔を見てました。

 

この日は、お風呂の入れ方、オムツの替え方などを教えてもらい

次の日には帰宅。みんなでゴリラをお出迎えしてくれました。

私は帝王切開をしたので、体はまだまだ普通ではないので

一週間は家で安静してました。

しかし、足がものすごくむくんで象足みたいになったのにはビックリ。

あと、薬のおかげで痛みは抑えられたものの

やっぱりしばらくは傷が痛み、大変だったのでした。






20060523012823.jpg
ベビーベッドがでかすぎます・・・

 

 




そしてゴリラ・半年後・・・








 

20060523023239.jpg
猟奇的な笑いをするウメゾー




液体を摂取するだけでこんなに成長するんだから

ホント、すごいですね。







 


天敵現る!!
2006年05月25日 (木) | 編集 |

最近、歩行器がお気に入りのウメゾーですが

いまだに、前には進めません・・・。横か後ろですね。

でも自分であちこち冒険できて大変楽しいようです。

電話機のコードひっぱったり、ゴミ箱あさったり・・・。

行動範囲が広がったら何をやらかすのやら、楽しみですね。




20060523234716.jpg
リサイクルショップで1500円でした。ミッキーをもぎ取ろうとしてました。



ところで↑なんか不安な顔してるウメゾーですが、なぜかというと




天敵現る!!














20060523234730.jpg
天敵↑ 









       20060525161706.jpg
         天敵↑







このお方はパラッパラッパーのサニーちゃん

音がするとサニーちゃんはマラカスシャカシャカ♪してくれます。

それを見て『おうー、おうー』とオタケビあげてるので

うれしいのかと思ったら、だんだん恐怖におののいてる声になって

終いには泣いてました。

おもしろいんで、次の日もやってたら、免疫ついちゃったみたいで

サニーちゃんを叩きつけて遊んでました。さすが暴力赤ちゃんウメゾー。
















あと、グルメウメゾー、夏みかんを食べる。






20060523234752.jpg
夏みかんチュパチュパ、服はベタベタ・・・







ちょっととりあげるとおこって、猛烈に泣きます。







20060523234807.jpg
俺はみかんが好きだーーーーっ!!ぶーーーっ!!
















そして、その辺に転がしておくと









20060525161539.jpg    
TVケーブル設置したり










 20060525162338.jpg
通販でお買い物したり










20060525161618.jpg
綿棒回収業務にいそしんだり











20060525161606.jpg
シャンプー台解体工事したり











・・・・けっこう、忙しそうです。












 

 


嫌われウメコの一日
2006年05月28日 (日) | 編集 |

ある日のウメゾー改めウメコ

















20060528073025.jpg

あら、あんた久しぶりねえ。元気してた?
















20060528073038.jpg

あたし、最近枝毛増えちゃって~















20060528073054.jpg

ほら~。この辺なんてけっこう痛んじゃってんの~

















20060528073109.jpg

ちょっとお~、あんたどこみてんのよ~っ!!
















20060528073139.jpg

ひどぉい~!!私のことブサイクだって!!うえーん















20060528073155.jpg


もうオカマなんてやめてやるぅ~!!くやし~!!!














ヅラをとると・・・




ホントにオカマのおねえさんみたいに見えるウメコ改めウメゾーなのでした。












ところで最近、ようやく近所に赤ちゃん友達ができ始めたウメゾーですが

もっと範囲を広げてみたい・・・

ということで







緊急募集!!イヤ、緊急でもないけど・・・







ウメコ改めウメゾーのお友達募集!!





関東、東海近辺にお住まいのお母さん(範囲広すぎ?)

ぜひお宅のお子さんとウメゾーと遊ばせてみませんか!

『遊んでやってもいいわよ、別に~』っていうそこのあなた、

まずは左欄のメールにてご連絡ください!

注)私はあやしいもんじゃありません、たぶん・・・