fc2ブログ
超ポジティブシンキング・ウメゾーの観察記など
ウメゾー、故郷へ帰る
2006年07月03日 (月) | 編集 |

急遽、2週間ほどブラジルへ行ってまいりました。



というわけで














祝!!
















こけちゃん













IN BRAZIL!!

20060703045430.jpg
『ウメゾーさん、私をつかまえてみて!ウフフフ』

















IN BRAZIL!!!

20060703045442.jpg
『ここよ!ウフフフ』


















IN BRAZIL!!!!

20060703045454.jpg
『こっちだってば!ウフフフ』妖怪みたいだな・・・














with









ロナウゾー(背番号9)




20060703051428.jpg
『やっとつかまえてくれたのね、ウフフフ』

















約3ヶ月ぶりの再会で、みんな喜んでくれました。

(こけちゃんを紹介することもできたし)

ロナウゾーは、みんなのことを覚えているのか

じいちゃんやアンジェラに声をかけられると

かなりの笑顔で振り返ってました。






20060703050052.jpg
柳沢とロナウゾー、FW対決









20060703051335.jpg
第二の母、アンジェラと










20060703050119.jpg
ベネジータと










そして、前にくらべて外出が楽になってきたので

今回は、ちょっとおでかけすることができました。

今、ブラジルは短い冬が始まったところです。

ちなみに、この町は内陸で暑いので、冬でも

日本の秋みたいな感じです。

ちょうどウメゾーが生れたころは、夏真っ只中で

暑さに発狂するところでした。

今が、一番すごしやすくて気持ちがいいです。



そして時差ボケ(日本より12時間遅い)を解消するため

ウメゾー、早速町へ。






20060703052100.jpg
ココナッツの水(ストローかじってるだけですね)







20060703052048.jpg
こうしてやると飲みます。けっこう飲んでました。









20060703052116.jpg
パッションフルーツのソースがたっぷりのソフト(見てるだけ)









食べ物ついでに。

パン屋に並ぶ、ケーキたち。


20060703052715.jpg
エクレアでしょーか。




20060703052727.jpg
クッキー。





20060703052739.jpg
ケーキ。



どれもこれもおいしそうですが

食べてみるとかなり甘いので、見た目勝ちですかね。









そうそう、ブラジルに行くにあたり

持ち運び便利なバギーを持っていきました。これ↓







20060703054014.jpg


かの有名な(?)かるいdeちゅ(時間のある方は2月26日分を読んでみてください)



まさか、かるいdeちゅを使うことになるとは思いませんでしたよ、あのころは。

そして使ってみて思わず出た一言。








『かるいdeちゅが・・・』


















『かるいんdeちゅ!』イヤイヤ、ほんとに。




















ただブラジルのガタガタ道には不向きかもしれません。

きれいな平らな道ならスーイスーイです。



20060703055311.jpg20060703055332.jpg
相変わらず、すごい道です。           ブラジルではよく、犬が塀や屋根に登ってます。











というわけで、しばらくは

祝!こけちゃんIN BRAZIL紀行』で

更新をつないでいきたいと思います。













スポンサーサイト



ウメゾー、故郷へ帰る②
2006年07月05日 (水) | 編集 |




ものすごく、いまさらなんですが

W杯、日本はブラジルに負けちゃいましたね。

そんなブラジルも今となっては・・・てな感じですが。

みなさんもさぞかし盛り上がったのではないでしょーか。


こちらは日本-ブラジル戦をブラジルのみんなと観戦しました。


早速ロナウゾー出陣。

20060705035319.jpg
足が短いぞ!ロナウゾー






20060705035458.jpg
こけちゃんの頭を掴まれて観戦どころじゃないロナウゾー









ロナウゾーはなぜか、試合が始まるといつも寝てしまいます。



20060705035141.jpg
一応、応援の笛を握りしめて爆睡するロナウゾー





おかげで、観戦に力を入れられるので助かりますが。




20060705035156.jpg
寝起きにシャワーをあびて上機嫌のロナウゾー








そういえば、ウメゾーの2ヶ月あとに生れたあこがれのベニーシオくんも

だいぶ、成長してました。





20060705035207.jpg
よう!ひさしぶりだなっ!    えー、どちらさまですか・・・?


20060705035220.jpg
おぼえてねーのか、まあいいや。でかけよーぜ! ・・・どこへ?







20060705035234.jpg
よー、そこのねえちゃんあそばね~?  や、やめようよ・・・そんなの








20060705035249.jpg
ちきしょー!ベビーはお家でオヤスミだと! わ、なにその汚い言葉遣い!






なんとも、かわいらしい大人しいベニーシオ君は

ウメゾーのふてぶてしさに恐れおののいているようでした。

ちなみにベニーシオ君におくったお土産の着物を着せてみると・・・・





20060705043012.jpg
とってもお上品。お金持ち貿易商の跡継ぎ風。






そして、ウメゾーにも着せてみましたところ・・・・








20060705043032.jpg
江戸っ子?魚屋のにーちゃん(儲けは少ない)風





凶暴なウメゾーに恐れつつも、なんとなく遊んでくれたベニーシオ君。

これからも友達でいてやってね!



20060705044140.jpg
優しいまなざしのベニーシオ君。うつぶせ寝だけに頭の形がすばらしいです。







そういえば、子猫が2匹増えてました。

最初はびびりまくってオウオウ言ってましたが

そのうちすっかりお友達になってました。


20060705035303.jpg














ウメゾー、故郷へ帰る③
2006年07月06日 (木) | 編集 |





前回のブラジル滞在中には、たいしてお出かけもできず

育児専念でしたが、今回はわりと出かけられました。

ここは田舎なんで自然はいっぱいです。

なんで、今日は自然中心に。








これはパインヤ(日本語名称わからず)の木で

昔は綿の変わりに、この実を布団に入れてたりしたそうですよ。

 

 

20060706010417.jpg
緑のでっかい実がぶら下がってます。






20060706010403.jpg
鳥の巣が左下にあります。見えるでしょーか。

 

この木はトゲだらけなんで、小鳥も安心して巣を作れるようですよ。

 

20060706010430.jpg20060706010445.jpg
このトゲだらけの幹。結構痛いです。      でもこんなかわいらしい花が咲いてました。



20060706011006.jpg20060706011022.jpg
手のひらサイズですね。 めちゃくちゃ硬くて、切るのに一苦労。








20060706010458.jpg
あと、こんなきれいな真っ白な花も咲いてました。










この日は川へ行ってきました。川といってもかなり広いんす。

さすがブラジル、デカさにかけてはどこにも負けません。


20060706010535.jpg
ここは海かっ!と叫びたくなるデカい川。


20060706010522.jpg
ウメゾーもかなりご満悦。


20060706010641.jpg20060706010548.jpg
水遊び大好きっ子ウメゾー。           じいちゃんの帽子をとりあげるウメゾー。



20060706010603.jpg
子供は砂を食べるとは聞いてましたが・・・早速食べてます。







このチエッテ川、サンパウロ市を通り海へ流れ出るわけですが

サンパウロ市にたどり着くころには、かなり汚れてます。

油すら台所から流すようじゃ、そりゃ~汚くもなりますよ。

このあたりではわりと綺麗なんでかなりビックリしました。

昔、チエッテ川をきれいにしよー!と一人頑張るおじさんが

テレビに出てましたが、その後あのおじさんはどうなったんだろう。

一人で汚染環境に立ち向かうには広すぎますよ。

国よ、ちゃんとしておくれ!







そして帰り道にはゴムの木を発見。


20060706010629.jpg
これ、全部ゴムの木。樹液を収穫中。



20060706010615.jpg
こんな感じで白い樹液が流れ出てます。



日本にある観葉植物のゴムの木とは、少々違いますが

これが一番いいのだそうですよ。

ちなみに日本のゴムの木は、ブラジルではかなり巨木です。

最初、発見したときかなりビビりましたよ。

まるで、もののけ姫にでてくるよーな感じで凄みがあります。

写真がないのが残念ですが。




この日はたくさん自然に触れられ、かなり大喜びのウメゾーなのでした。

ブラジルの空気が肌に合うのかもしれませんね。





ウメゾー、故郷へ帰る④
2006年07月07日 (金) | 編集 |



まだまだしつこくブラジルネタです(あと3回は続くと思われ・・・)。




今日はベネジータのお話。


ベネジータってなに?ってあなたへ。


ベネジータとは、ウメ&ウメゾーがブラジルで世話になっていた家の人です。





年齢・・・67歳


性別・・・女性


趣味・・・スポーツ、ダンス、お出かけ


仕事・・・現役弁護士


特技・・・1500m走


15歳で結婚し、いろいろ苦労しながらも


4人の子供たちを育て、30歳過ぎてから


弁護士の勉強を始めたという努力家なのです。


とってもパワフル、止まることのないジャジャ馬って感じです。


写真を見ていただければどんな人か一目瞭然・・・










20060706021756.jpg
・・・ですよね?









この日、彼女は67歳の誕生日をむかえ、ドレスとケーキをプレゼントしました。


さっそく、網タイツと帽子を合わせてダンスしながら登場~♪

『こんな67歳見たことないわ』といわれてましたよ。


とってもノリのいいベネジータなのでした。








20060706021718.jpg
手前がイチゴケーキ。その奥がベネジータ手製の絶品パッションフルーツムース。








20060706021811.jpg
歌を歌いながら切り分けてました。







ブラジルではプリメイロ・ペダッソ(最初の一切れ)を


特別な人にあげるらしいです。


今回はウメゾーがもらっちゃいました。





20060706021823.jpg
プリメイロ・ペダッソをもらうウメゾー。







20060706021836.jpg
う、うめえっ!もっとくれ~









20060706021848.jpg20060706021742.jpg
二日前に18才になった孫。            ベネジータとダンス♪ダンス♪




 
改めて、ベネジータを見て


歳を重ねてもなお、自らを楽しませることを忘れてはいけないな~



と思ったウメなのでした。 


 






ウメゾー、故郷へ帰る⑤
2006年07月09日 (日) | 編集 |




       今日は、親戚の叔父さんのお家へ。


   広い野原にポツンとある家。

『大草原の小さな家』ブラジル版。


   


20060708222026.jpg
入り口が椰子の木なのがブラジルっぽいですね。




叔父さん一家は、今のところ平日は町で暮らし、土日に


少し離れたこの家へやってきます。


たくさんのフルーツの木や花の木を植えているところ。


そのうち、こちらで本格的に暮らすそうですよ。






20060708221842.jpg
20060708222103.jpg
すすき・・・ではなくさとうきび             まだ青いバナナ                                  




バナナをちょいと庭からもぎってきて食べる、なんて素敵ですね~。


さとうきびもその場で勝ち割ってチューチュー食べました。


甘くておいしかったです。




20060708224823.jpg
実はパパイヤから生まれたパパタロー。だったりするウメゾー



お昼はバーベキューを。


昔、日本にいるブラジル人に


『日本人はなんでバーベキューに野菜を入れるんだ?』


と本気で不思議がってました。


こちらからしてみれば


『なんでそんなに肉ばかり食えるのだ!?』


ってなもんですよ、ホント。




20060708221937.jpg
肉を焼くのは男の仕事です。





20060708221949.jpg20060708222002.jpg
    ごってり肉だらけですね。                  私は寿司を作りました。









20060708225645.jpg
はじめての牛さん。この方たちも食べられるのかしら・・・





ウメゾー、初めてのフルーツたちや牛さんや


いろいろ遊んでもらってすっかりご機嫌でした。


途中、疲れて寝てしまったのでそのままハンモックへ。




20060708221923.jpg20060708222038.jpg
タイルは進みやすいのう              あ~、いい気持ち・・・





『大草原の小さな家』で遊んだあとは


もう一人の叔父さんのお家へ。


現役リタイアした夫婦が老後に暮らすために


川辺にお家を建てたのでした。




20060708222156.jpg
この間とはまた違う川、そしてやはりデカイ。





20060708222211.jpg
川辺には木の上にかわいいお家


この木の家、3畳くらいの部屋がありました。


まるで『キャンディ・キャンディ』の世界(知らない人、すみません)


キャンディ、アンソニー、ステア、アーチ・・・そしてウメの秘密のお家・・・


すっかり気分は童心に返っちゃいました。



20060708222235.jpg
またまた水遊びに興奮するウメゾー




20060708222223.jpg
この人、バーベキューばっかしてるのかな~?








20060708222247.jpg

叔父さんのお家







20060708222311.jpg
猫が庭でのんびり。向こうには川が見渡せます。



こんないい所が近くにあったのか~、とすっかり癒されました。


私のいる町から車で一時間ほどでしょうか。







20060708222144.jpg
20060708232755.jpg
叔父さんちのわんこにうけまくるウメゾー いつも家にこもりがちなアウグスタも笑顔







庭には、たくさんの種類の野菜とフルーツを栽培していて

キッチンからは大河を眺められます。


このように、川辺にはいくつものリゾート地のような一帯があり


土地を持っている人、またはその家族や友人しか


出入りすることはできません。


なので、普通の町よりは安心して過ごせる場所なのです。


ちなみに土地と建物で300万円程度だそうですよ。




右上の写真のおばあちゃんアウグスタは


若い頃はカフェ農園で働いたそうです。


そこで飲むコーヒーがまたおいしかったなあと言ってました。


今は、町の家にこもっているアウグスタも


自然いっぱいのこの場所がとっても気に入っていました。






20060708222116.jpg
マラクジャ(パッションフルーツ)の実




20060708222130.jpg
黄色くなったら食べごろ












20060708222323.jpg
後一歩というところで夕日を撮り逃してしまった・・・


 




思えば、ブラジルの大自然を楽しむこともなかったわけですが


今回はしっかり満喫しました。


ウメゾーはというと・・・


もちろん帰りの車でグッスリなのでありました。



















 


 




 


 


 


 


 


 


ウメゾー、故郷へ帰る⑥
2006年07月10日 (月) | 編集 |



数日間、ブラジルの大自然を満喫したウメ&ウメゾー。


日本帰国前に、サンパウロ市のど真ん中、あるお宅を訪ねました。



以前、ここでウメゾーのお友達募集!したときに


メールいただいたcaolinさん宅です。


caolinさんのブログにもウメゾー滞在が書かれております。こちら


(ブラジルを知りたい方にはもってこいなブログではないでしょうか)





彼女もサンパウロで昨年11月に男の子を出産していて


なにかとご縁のあるお方。

ウメ&ウメゾー、あわただしくブラジルへ行ったのですが


なんとか現地でcaolinさんと連絡を取ることができ、遊びに行きました。



 


20060710135939.jpg
こんちは~。           こんちは~。




お家につくなり、アレックくんのおそろいのスウェットを借りてしまいました。


双子みたいですね。



ところでcaolinさんとこのアレックくんは、ウメゾーより18日あとに生まれました。


体重も身長も顔のデカさもウメゾーの方が上なんですが、


アレックくん、脅威の身体能力で、なんと6ヶ月でもうつかまり立ちをしていたという。





20060710135951.jpg
つかまり立ちなんてふつうのことですよ?



アレックくんは気前よく、つかまり立ちを何度も披露してくれましたよ。


ウメゾーは、あれこれやりたくても身体能力がついていかず


『く、おぉう~っ!!』


とかオタケビあげているに


アレックくんは


『別にやりたいわけじゃないけどできちゃうの』


ってな感じで、身軽にハイハイしたりつかまり立ちしたり


クールなナイスガイ(ナイスベビー?)なのでした。


 二人はなんとなくお互いを気にしながら遊んでおりました。





20060710140027.jpg
二人して雑誌をあさってます。



20060710140003.jpg20060710140016.jpg
トラックをとったり           とられたり・・・




そう、取ったり取られたり微笑ましい中


このお方までもが、争奪戦に・・・



















20060703045430.jpg
ウメゾー、永遠の恋人(?)こけちゃん








さすが、大和なでしこのこけちゃん。


アレック君の心をも鷲づかみ。


そうなると、ウメゾー黙っちゃいません。








20060710140042.jpg
う・・・それは俺の彼女なわけで~    おもろいね、これ。





20060710140051.jpg
だから彼女なわけで~・・・        こうやって持つの?







20060710140106.jpg
は、話聞いてねえよ~(泣)    ふむふむ、この向きでいいのかな?












そしてしばらくして、こけちゃんを取りもどしたウメゾーですが


再び争奪戦に・・・












20060710140119.jpg
ちょっとちょっと今取り込み中なんだけど・・・   こけちゃんあそぼ~♪







20060710140131.jpg
こけちゃんラブラブ♪      うぅ・・・解体されちゃってるよ~(号泣)




あっという間にアレック君に奪われてしまった大和なでしこ。


おまけに体がおっこっちゃいましたよ。


アレックくんは物静かなんですが、なんだかんだと


ウメゾーを負かしてました。


で、この恋の顛末はというと・・・





















20060712154729.jpg

二人で仲良く分かち合ってました。












こけちゃんといえば、身を挺してつくすできたお人。

以前も







IMG_1733burog.jpg
ウメゾーの暴力にもタダひたすら耐えてましたね。





ところが、どうもこけちゃんには


暴力を振るわせる、もしくは男を狂わせる何かがあるらしいんです。


題して『魔性の女疑惑』









証拠写真がこちら↓











20060710140203.jpg
ひらすらソファにこけちゃんを叩きつけるアレック君・・・笑顔です。







大和なでしこから一転、魔性の女こけちゃん。


クールなアレックくんですら、この様。


彼女と一緒にいると、どうも叩きつけずにはいられなくなるようです。


まだまだ彼女の素顔はわからないことだらけです。







ところで、初対面なのにもかかわらず、一泊させていただき


caolinさんのお料理なども頂いてしまいました。なんてずうずうしい親子なんでしょーか


アレックくんのお兄ちゃん、コイくんとも遊んでもらい


ウメゾー、大満足。


そういえば、しょっぱなからアレックくんに


私『コーイくんっ』


とおにいちゃんの名前で呼んでしまい


caolinさん『アレックです』


と即突っ込まれてしまいました。す、すみません・・・。







20060710140240.jpg
コイくんに群がるイモムシ2匹。





20060710140215.jpg
ポルトガル語版キャプテン翼を鑑賞中。






20060710140253.jpg
赤ちゃんはなんで手をつなぐのが好きなんでしょーか。







caolinさんは社交的で意欲的な素敵な方でした。


今習っているというサンバの見学まで行っちゃいましたよ、ウメ。


まあ、こんな見ず知らずの親子をもてなしてくれたのだから


いい人には違いありません。


サンパウロの片田舎で居候暮らしていた貧乏人ウメ&ウメゾーにとって


caolinのお宅は天国みたいなところで、


とっても快適に過ごさせていただきました。


ジャージ姿のウメに、ビシっと挨拶してくれた旦那さんにややビビりましたが・・・。



ウメゾーも、こんなにたくさん赤ちゃんと遊んだのは初めてで


かなりいい刺激になったんではないでしょーか。


日本にもどってからつかまり立ちをするようになったし・・・。



何はともあれ、旅の締めくくりにいい思い出ができました。




caolinさん、家族のみなさん、どうもありがとうございました!


これからブラジルへ行くときは、しつこく遊んでいただこうかと思っております!


え?そんなこと約束してないって?
























 


 


 


 


なんてことない一日
2006年07月13日 (木) | 編集 |



ブラジル旅行を振り返っている間に


ウメゾー、骨折してしまいました。



20060713231112.jpg
あ、お見舞い?お土産持ってきた~?



というのは冗談で、突発性発疹になってました。


4日間近く、39度の熱が出てました。


座薬を入れてもあまり熱がさがらず、いつもはやんちゃなウメゾーも


さすがにあまり元気がなかったです。


高熱を出して3日が過ぎたので、病院で点滴。


明日も点滴するかもってことで、針を腕につけたまま、包帯グルグル巻いてました。





そして、最近は後追い&つかまり立ちが流行りのウメゾー。

つかまり立ちの主な標的はなぜか、私です。


なんか、片付けたり、テレビ見てたりすると私によじ登ってきます。



20060713225854.jpg
ね~、なに撮ってんのさ~




20060713225906.jpg
私につかまり得意の『ぶ~』






あと、窓から外を見るのが好きですね。


音がすると即、のぞいてます。





20060713225917.jpg
ベランダに私がいるのを発見して笑顔のウメゾー





あちこち探検して、日々新しい発見がある赤ちゃんは


そりゃ~毎日刺激的なんでしょうね。


大人になっても、五感をフル回転させれば


新しい発見はあちこちに転がっていそうなんですけどね。




ところで、毎日快便のウメゾー隊員ですが


ここ2日ほど便秘のようで気になるところです。










仁王つかまり立ち
2006年07月19日 (水) | 編集 |



突発性発疹の次は、夏かぜをひいてしまったウメゾーです。


くしゅん、とやるたびに両鼻の穴からビームが発射されております。


今は鼻をジュルジュルさせながらも、本人は元気いっぱいです。


みなさんは大丈夫でしょうか?







で、鼻ジュルジュルウメゾー


今最も流行っているのがつかまり立ちなんですが


20060719012346.jpg
これですね









時々、低いところでつかまり立ちしてるのでウケます。















20060719012330.jpg
仁王つかまり立ち











ヤツの背中に


『男はとにかくつかまり立ちだ!』


という意気込みを感じますね。(気のせいか)


まあ、心ゆくまでつかまり立ってください。













そして、以前ブログでも書いたジャンパー(ブランコ)ですが





20060429000103.jpg
これは3ヶ月前の写真。捕獲された小猿。









また乗っけてみたところ、前より大はしゃぎしてました。










20060719012313.jpg
かなり気に入ってます。








強く揺らすとスリリングらしく、声上げて喜んでます。


でももって5分ですね、結構疲れますからね。














・・・・余談・・・・


今日、テレビで水着のファッションショーをやっていたので


自分の体型を鏡でマジマジと見てみました。


『このお腹のたるみはまずいだろう~』


薄めで見たり、角度を変えてみたりして悪あがきをしてるところへ


歩行器でやってきたウメゾー。


『これはまずいよな?ハハハ~』


とウメゾーに面白おかしくいったのですが


なに、それ


って顔で真剣に見つめられちゃいました。


そういえば横になっていると、時々お腹の肉をウメゾーに掴まれます。






まじめに体を鍛えねば、と改めて思うウメなのでした。


(よく見ると顔もかなりむくんでるしな~)


みなさん、産後体型はすっかり戻ったんでしょうか?


なんかいい方法あったら、ぜひ教えてください!






 


 


ノォウ~!!ビコゥズ・・・
2006年07月24日 (月) | 編集 |


今日は、ブラジルから日本へ戻る飛行機内での出来事を


絵で書いてみました。






ウメとウメゾーの座席の後ろには










koma1.jpg



かわいい金髪の兄弟とお母さんがいました。


ニコニコしていて天使みたいだったんですが




飛行機が離陸したトタンに弟のほうが







koma2.jpg





『ノォウ~ッ!!!ノォウ~・・・』



とかなりデカイ声で嗚咽し始めました。

(あまりにデカイ声なんでウメゾーも振り返ってました)


弟は何度もNO!!と母親に訴えますが、そのたびに


『静かにしなさい!』


としかられます。


(ホント、会話はせずにただひたすら泣き叫ぶ弟)。


前の座席をドスドスけるし、相当暴れてました。



飛行機がこわいのかな?と思っていたら










koma3.jpg


『NO~!!becauce~・・・』




ノー!ビコーズ?(なぜなら?)って言ってます。



なぜならなんだ、何がNO!なんだ!?


とソワソワしてると


何度もビコーズ・・・でフェイドアウトする弟の嗚咽。







こんな怖い乗り物に断固としてNO!!を突きつける(と思われる)彼に


『いや~、君の気持ちはわかるよ、怖いに決まってる!』


と勝手に共感してたら、いつのまにかNO!!が















koma4.jpg


YESになってました。





思わず『どっちやねんっ!!』とコテコテなツッコミを


心の中入れちゃいましたよ。




そんな感じで彼がNOやらYESを連呼し続けてるうちに



無事アメリカ(乗り継ぎ地)に到着しましたけどね。




飛行機を降りる頃には







koma5.jpg



すっかり上機嫌になってました、弟♪ よかったね






結局何がどう怖かったのか真意はわかりませんでしが


たぶん、ゴォ~っと鳴り続ける飛行機の音や


フワっと体が浮く感じが怖かったんではないでしょーか。


小さい子供には理解できない乗り物かもしれません、飛行機って。