fc2ブログ
超ポジティブシンキング・ウメゾーの観察記など
ネガなおっさん現る
2006年04月01日 (土) | 編集 |

最近はおじいちゃん・おばあちゃんではなくて

ジィジ・バァバとかおじい・おばあとかいろんな呼び方があるみたいですね。

でもジィジの小さいが最後にくるだけで大変なことになっちゃいますね。

『ほ~ら、私がジィジだよ』も

『ほ~ら、私がジジィだよ』とちょっと自虐気味に。

『ねえ、バァバ、あれ買って』も

『ねえ、ババァ、あれ買って』と反抗期の中学生みたいに。

どーでもいいことなんですけどね。

ふと昨日布団の中で思ったんで書いてしまいました。




今日は幼馴染と会いました。

ウメゾーを武部幹事長に似ていると指摘した彼女です。

ウメゾー、初対面。

感想は『今は武部幹事長に似てない。思ったより人間らしい顔だ』でした。

あ~、よかったね、ウメゾー。これで武部ウメゾーから青井ウメゾーになれたねえ。

しかし、せっかく幼馴染とウメゾーと公園を散歩したのに

写真を撮るのを忘れてしまいました。

桜はまだなんですけど、梅やら菜の花やら咲いててきれいでした。


それで気持ちよく散歩をしたあとに、車で迎えにくるジジィ・・・もといジィジを

待っていたら、一人のおっさん話しかけてきました。

『何ヶ月?』とウメゾーを見て話しはじめ

『いや~、俺の知り合いの子はもう子供は産みたくない、一人でいいって言うんだよ』

と、お産に苦しんだ知り合いの話になり、次は子供の将来の話題に。

『子供を大学までいれて22年育てるってのは本当に大変だよ~』

とおっさんの話はノンストップ。

そして『17歳くらいになったら子供ってのは母親をバカにしたりすんだよね~』

この辺からなんか話がどうでもいい感じになったのですが

まだ話を続けるおっさん。あげくに

『うちの近くに障害者の施設があるんだけどさ~』と障害者を持つ親の話に。

障害者の両親は自分達が死んだあと、障害者である子供を施設に入れたいが

施設の扱いはひどいもんだし、大変だという話でした。

『五体満足なだけでありがたいですねえ』とポジ路線へ向かおうとする私の返事も

聞いてるんだか聞いてないんだかネガティブに戻るおっさん。

おっさんのネガティブ&ヘビィワールドに引きずりこまれそうになっていくので

どうしたもんかと思ったらジジィ、もといジィジが迎えにきてくれて助かりました。

しかしあのおっさんはスポーツバッグ持って公園で何してたんでしょう。

プチ家出でもしたのでしょうか。

ネガティブな話しかしないわりには、本人にはネガティブオーラの霞もない

謎の多いおっさんでした。

そして私の隣にいた幼馴染は、まったくおっさんの話を聞いていなかったそうです。

さすが、参りました。



それでは最後に青井家の格言を。





       チチチチヂヂ。 ハハハハババ








 
                          格言というか事実を述べているだけか・・・





 

 

 

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック